治療を受ける前に確認を

看護師

安全に受ける為に

小顔効果や脚痩せ効果が注射するだけの施術方法で得られるボトックスは、副作用のない安全な美容方法と言われています。その背景には、厚生労働省が安全を認めており、世界中で薬剤に関する問題の報告がされていない点にあります。しかし注意する点は当然あり、副作用がなく安全であるのは、正規品の薬剤に対してである点です。ボトックスの薬剤であるボツリヌストキシンは、美容医療で使用される前から医療現場で顔面麻痺などの治療に使用されていました。2009年に日本で安全性が認められ、一気に日本中で普及しています。この安全を厚生労働省が認めているのは、アラガン社製のボツリヌストキシンだけです。医薬品でもある様に、このボツリヌストキシンにもジェネリックが存在しています。ジェネリックは正規品と同一成分で同効果であり、費用も安い利点があります。しかしジェネリックには製造会社や国によって粗悪品が存在しており、ボトックス治療を受ける際には確認が必要です。費用の面でジェネリックを選択する際には、そのクリニックの医師に副作用やリスクについて聞く事が大切です。世界中で行われている施術方法ですが、副作用が報告されていないのは薬剤に対してです。医師の技術ミスは起こり得る事であり、注射するだけの治療とは言え、医師の技術力や経験にも左右されると言われています。ボトックスが世界中で多くの方が選択している理由は、安全性の高さと注射だけで高い効果を得る事ができる点です。注射するだけで今までメスを使用した手術が必要であった事も、手軽に負担なく希望が叶います。とは言え、ボトックスが全ての希望を叶えるわけではありません。状態や希望によって適切な施術内容があります。ボトックスのメカニズムは、脳からの神経伝達を遮断して筋肉の収縮を抑制します。筋肉は使われる事で収縮して肥大していきます。身体の部位が大きく見える原因には脂肪や骨格以外に筋肉もその1つです。ダイエットで痩せても顔が大きく見えたり、足が太く見えたりする場合は発達した筋肉が原因と言えます。また筋緊張が高いと皮膚にも影響して、しわの原因にもなります。この様に、ボトックスは筋肉がある事や発達しているが為に起こるしわや大きく見える事を改善する効果があります。筋肉は収縮が抑えられた時や使われないと当然小さくなって痩せていきます。この仕組みを利用した美容医療であり、小顔効果や脚痩せ・しわ改善が得られます。収縮を抑えるので副作用を懸念されますが、副作用はなく筋肉も日常生活に全く支障がない程度に収縮が抑えられます。保険適用の治療ではないので、クリニック毎で費用を決めても良い事になっています。その為、キャンペーンや初回お試しなど実施しても問題はありません。この様なサービスを活用する事で、お得にボトックス治療を受ける事ができます。

Copyright© 2018 ボトックスでしわが消える【副作用を避けるためには】 All Rights Reserved.